業務内容

技術監理

公正な立場

複雑な利害が交錯する建設現場において、監理者は建築主と施工者の間に立ち、倫理観と透明性を持って良質な建物となるよう努めます。

システム化された監理手法

ISO9001によりシステム化された監理手法により、施工者に品質管理のポイントを事前に示し、独自の検査シートで確実に品質を確保します。

独自の監理手法

色々な監理形態

自社設計の監理はもちろんのこと、豊富な監理実績とノウハウを生かして第三者監理、監理監修など色々な監理形態に対応しています。

  • 自社設計
    自社の設計物件を監理する一番多いパターンです。

    オフィス
  • 第三者監理
    国土交通省案件、他社設計案件、ゼネコン設計案件を建築主の立場に立ち品質、コストを確認します。

    オフィス
  • 監理監修
    他社の監理者が適正に業務を行っているかを確認して建築主に報告します。

    オフィス
代表的な実績

PAGE TOP ▲