お知らせ | 2019.12.5

開成町庁舎が竣工しました。

機能性の向上・環境負荷の低減に積極的に取り組み、庁舎で国内初のBELS認証によるZEB認証を取得した開成町新庁舎が竣工しました。


開成町新庁舎は省エネルギーや再生可能エネルギーの活用により「ゼロ エネルギー ビル」[ZEB]の認証を国から受けた初めての庁舎です。


<設計完了時に取得した認証>



エネルギー消費量を80%以上削減できる庁舎

水資源が豊かな立地を生かした熱源計画や熱負荷を抑える配置計画、自然光を生かした照明計画等により、優れた省エネルギー計画により、設計完了時に算出した数値を超える結果となる同規模の庁舎の約20%以下のエネルギーで稼働できる国内初の[Nearly ZEB]庁舎です。

また免震構造の採用により防災拠点としての機能や、ワンストップサービスが可能となる空間配置等、安心かつ便利にご利用いただける庁舎が完成しました。

開成町新庁舎では数値だけを追いかけるのではく、省エネ計算への反映が不可能な技術も積極的に導入を行い、真に環境に配慮し、使いやすく、安心を与える庁舎を目指しました。



認証の概要をご覧いただけます(外部リンク)
開成町HPへの

松田平田設計の環境配慮設計への取り組み

PAGE TOP