社員紹介

社員紹介

学びの機会にあふれている。社員同士の距離が近くアットホーム。歴史に残る建築物を手がけられる。
松田平田設計を選ぶ理由は、十人十色です。ここではさまざまなポジションにつく社員の声から、松田平田設計の魅力を探ります。

協力し合える同志と共に
建築を目指して。

全ての作品において細部までデザインされており、どのビルディングタイプでも一切の手抜きが無い。

入社して実感したのは、上司や専門的な能力のある設計者がすぐそばにいることの心強さです。若手の私でも、グループ長や部長と直接コミュニケーションを取ることが多く、学びにならない日はありません。さらには専門分野に経験豊富なプロフェッショナルが多数おられるので、皆さんの協力を得ながら高いレベルの設計に挑戦できる環境があります。

先般、特別支援学校の設計でサイン計画を担当しました。特別支援学校は、知的障がいのある児童や肢体不自由の生徒、健常者である教職員やボランティアの方々など、とても利用者の幅が広い学校です。これら利用者にわかりやすいサインを提供するのは簡単ではありませんでしたが、上司や発注者と打合せを重ね形にできました。最終的なデザインを建築主にプレゼンした際に、「こうして建物が形になるのはワクワクしますね。」と言っていただけたのは、設計をしていて幸せな出来事のひとつです。

誰からも頼ってもらえる設計者になること。それが私の設計を志す上での目標です。 あなたにお願いしたい、あなたなら任せられると言っていただけるようになる。それには仕事の一つ一つを真正面から取り組み続けることが大切だと思うので、日々の業務や周囲の方々に丁寧に向き合っています。

入社以来、サッカー部に所属しています。休日の試合はもちろん、プライベートでも交友をもち仲良く過ごしています。おかげで、職場でも部活の先輩を頼ってしまいますが、こういう仕事以外の繋がりがあるのは助かりますね。

医療福祉設計部 新卒採用 入社3年目
蒲生 良輔

設計理念からディテール、舞台裏の一連の流れまで。
日本の高品質なものづくりに憧れて。

「規模や用途こそ様々だけれど、どれも美しい建築ばかり」。

私が就職活動を始めた頃、松田平田設計の作品を見て強く感じたことです。図書館やオフィスビルなどの施設ばかりでなく、観覧場や空港施設など特徴的なビルディングタイプまで幅広く展開されており、なおかつ設計理念からディテールまで至るところにこだわりが語られています。OB訪問では、設計者が1つのプロジェクトの設計のみならず、監理まで一貫して携わることができると知り、松田平田設計を志望しました。

新入社員研修ではBIMによる3Dモデリング、VRソフトによる空間体験、さらにパースやアニメーションの作成など、様々な設計手法を学びました。若手社員育成に非常に力を入れた研修で、BIMを推進する会社の方針にも強く感心しました。

現在、主に再開発プロジェクトに携わっています。規模が大きいため、関連法規制が非常に多いことに一苦労です。関連法規を噛み砕いた上での要件整理は、建築設計の最初の一歩とも言えるため、分からないことが多く先輩方に知恵を借りる日々ですが、その上でどう計画に活かすか、設計者の腕が問われます。意匠設計に限らず、構造や設備を始めとした各分野との打合せを重ね、その結果をプロジェクトに反映することがこの仕事の大きな魅力だと実感しています。

入社前に一級建築士試験に無事合格しましたが、一人前の設計者になるにはまだこれからです。設計を任せてもらい、自分の設計した建築が形になるように、仕事の基礎を覚えながら、様々な経験をしていきたいです。

フェーズで重ねられる社内チェックとフィードバックによって仕事の精度が高まり、施主からの「ていねいに作ってほしい」という要望にも応えられるからです。その結果、社員は「いい仕事ができた」という自信を持てる。そんな好循環が存在しています。この会社は、真摯に仕事に向き合いたい人、新しいことにチャンジしたい人にぴったりです。私にとっても理想的な職場で、毎日が充実しています。

建築設計部 新卒採用 入社1年目
周 至逸

美しさに加え、
より良い室環境の社会資産を。

クライアントの望みを引き出し、建築に反映することのできる設計者になりたい。

私は大学で建築分野について学ぶ中で、建築空間だけでなく室環境の在り方に興味を持ちました。建築設備の観点から快適性の高い環境設計を目指す上で、既存建物の改修から最新のZEBまで、豊富な設計実績を持つ松田平田設計への入社を志望しました。

環境設計部は基本的にはグループ毎で設計業務を行いますが、グループに関わらず部長、他部署の先輩にも気軽に相談できるので、とても仕事がしやすく、実務知識を得やすい職場環境だと感じています。グループ内の業務は多岐に渡り、大学、病院、オフィスビル、大規模な再開発や銀行の空調改修など、さまざまな分野の設計に関わることができ、学ぶことのモチベーションも向上できます。

今は登録有形文化財の新たな利活用計画に携わっています。約100年の間、地域の皆さんに愛されてきた街のシンボルを、建築の形は残しながら新しく活用する方法を模索しています。次の100年を見据えて設計を行うこの計画は、松田平田設計の理念である「社会資産となる仕事」の理念に合致している重要なプロジェクトだと感じています。

私は「人に寄り添う」の理念のもと、クライアントの望みを引き出し、建築に反映することのできる設計者になりたいと考えています。 そのためには情報収集を欠かさず、新しい技術を取り入れ工夫する姿勢が大切だと考えていますが、これは前提としてクライアントの信頼を得なければ成り立ちません。 一人前の設計者として認めてもらうためにも、一級建築士や建築設備士の資格取得を直近の目標として、日々励んでいます。

環境設計部 新卒採用 入社2年目
竹原 励

子どもを持つ母としての視点を生かして、
この会社で働き続けたい。

ワークライフバランスの充実を、さらなる飛躍の足がかりにできる会社です。

新卒採用で入社し今年で11年目になります。現在は設計の仕事を続けながら、子を持つ母として忙しい日々を送っています。

産休・育休は1年間いただきました。復職する際に気がかりだったのは、「産休前と同じように働けるのだろうか?」「時短勤務で務まる仕事なのだろうか?」といった心配でしたが、実際はすべて杞憂でした。

子どもができてからというもの、限られた時間でやりくりする術も身に付いてきたし、所属部署は時短勤務の私を的確にサポートしてくれています。子どもの発熱で仕事を急遽休まざるを得ないときでも、チームの皆さんのフォローにより安心して過ごすことができます。 また、復職後にキャリアアップし、いまは設計担当としての仕事もやっています。時短勤務で働くことがキャリアアップのネックにならない、とても恵まれた職場だと感じています。

会社によっては、子どもができると出産前と同じようには働けないことも珍しくありません。そんな中で、ライフステージに合わせて仕事を続けていける松田平田設計にいられて、私は幸せです。出産や子育てなどの得難い人生経験は、今後、必ず仕事に生かしていけるはず。社内には母としての視点を生かして活躍する設計者の先輩もいますからね。この先、誰かが出産や子育てをするときには、私が支える番です。

働く女性のことを、組織を上げて支えていく松田平田設計の素晴らしい文化を、私も次世代に継承していきたいと思っています。

建築設計部 新卒採用 入社11年目
堀淵 茉裕子

新しいことにチャレンジする熱量が高く、
日々成長できる設計事務所です。

年齢や所属による垣根がない、フラットな社風です。

松田平田設計にはキャリア採用として入社しました。前職では主に集合住宅の設計に携わりましたが、仕事の幅を広げたいと思い転職を決意。松田平田設計を選んだ理由は、多様な用途を扱い、質が高いのに挑戦的な作品を作り続けている設計事務所だと感じ、自分が成長できる場所だと期待したからです。入社して2年が経とうとしていますが、思った通りの設計事務所であり、刺激ある毎日を過ごしています。

今は、研修所や銀行の改修、集合住宅の設計を担当しています。慣れない用途はやはり知識不足を痛感し、日々勉強の積み重ねです。しかし、分からないことがあれば、社内は気軽に相談できる雰囲気で、皆さんとても親切に教えてくれます。また、松田平田設計に入って感じたことは、意匠だけでなく構造や設備の設計者も、新しいことにチャレンジする熱量がとても強いこと。お互いの知見を合わせ、より良いものをチームで創る喜びを実感しています。

今後の直近の目標は、設計担当になってこの人なら任せても大丈夫、と早く思ってもらえるようになること。それと同時に今まさに社内のDX化が急加速しているので、その波に乗って業務の効率化を図りつつ、自身のワークライフバランスの確保もしっかり築いていきたいです。

建築設計部 キャリア採用 入社2年目
豆田 千晃

これまでの経験を活かしつつ、
新しいことにチャレンジできる職場です。

誰でも分け隔てなくコミュニケーションが取れる
非常に働きやすい職場です。

工事監理者として、工事期間中に建物が設計図書通りに施工できているかを確認したり、発注者や工事受注者と調整を行い、日々的確な指示を出したりすること、それが今の私の主な仕事です。

前職はゼネコンで現場監督として働いていましたが、建築が好きで、設計事務所の一員として働きたいという思いから転職を決意しました。また、松田平田設計がワークライフバランスの実現に力を入れているというのも転職を決意した動機です。当初は現場しか知らない人間が専業設計事務所でやっていけるのか、という一抹の不安がありましたが、上司含め中途入社の仲間もおり、誰でも分け隔てなくコミュニケーションが取れるような良い雰囲気であり、非常に働きやすい環境で、私もすぐに馴染むことが出来ました。

現在は工事監理だけではなく、前職の経験を生かして基本計画段階での施工計画の立案に参画したり、若手設計者に教科書では学べないような現場のポイントを教えたりしています。 今後は工事監理者として「尾﨑がいれば安心だ」と社内外から言われるような存在を目指したいです。同時に、基本計画等の川上工程に関わったり、監理者として設計者にアドバイス等をしたりすることで、監理業務のみならず設計業務にも携わっていきたいと思います。

技術監理部 キャリア採用 入社3年目
尾﨑 景
PAGE TOP