香川県庁舎東館耐震改修

Seismic Retrofit, The East Buildomg of Kagawa Prefectural Goverment Building
香川県高松市

モダニズム建築の傑作を免震化

1958年に竣工した香川県庁舎の東館は、丹下健三の代表作であり、DOCOMOMO Japanによって「日本の近代建築20 選」に登録されている戦後モダニズムを代表する建築。

その文化的価値の継承と建物の保全のため基礎下免震化工事を行う。
免震レトロフィット工法により防災拠点として必要な耐震安全性を確保するとともに、
建物機能を改善して長寿命化を図り、県有財産としての価値向上を図った。

構造/規模
RC / 地上9階
延床面積
11,871㎡
竣工年月
2019年12月[耐震改修竣工]
受賞歴
  • 2020年 香川県建築士会 特別賞
共同設計
大林組

この記事に使用されているタグ

PAGE TOP