大井競馬場1号スタンド「L-WING」

Oi Racecourse Grandstand Complex L-WING
東京都品川区

競馬馬の「躍動」を表現した大屋根が特徴

大井競馬場は都心に立地し、開催時には仕事帰りのサラリーマンやOLが詰めかけ「都会派」の雰囲気が感じられる競馬場である。新スタンドは「都会的な空間」「都会のアミューズメント」を意識して計画を進めた。
特に、大屋根の形態が、競走馬の疾駆する姿を構造力学的に分析したところから生み出されたことを強調したい。馬の骨格は大梁に、騎手はポストに、手綱はテンション材に、馬尾は膜屋根に置き換えられており「競走馬の力=躍動」を忠実に再現した形態となっている。

構造/規模
S造、SRC造 / 地下1階、地上6階
延床面積
22,738㎡
竣工年月
2003年12月

この記事に使用されているタグ

PAGE TOP