埼玉県立武道館

Saitama Prefecture Budokan
埼玉県上尾市

立体格子架構を採用した「開かれた武道館」

武道が旧来の姿に固執するだけでなく、新しいものへと発展するためには、器となる施設も時代の流れに沿ったものであるべきだと考え、次のような基本方針に沿った施設として計画している。
1.県民が親しみやすい「開かれた武道館」
2.大規模大会開催に対応
3.見る武道館に対応した観覧機能の充実
4.伝統的なモチーフを取り入れた形態
5.中庭を中心とした人々の交流を生む施設配置
6.環境への配慮とライフサイクルコストの縮減
7.埼玉県産材の利用

構造/規模
RC造、木造 / 地上2階
延床面積
11,050㎡
竣工年月
2003年5月
受賞歴
  • 2002年 埼玉県優秀設計委託業務表彰
  • 2004年 SDA賞
  • 2004年 全建賞
  • 2004年 ステンレス協会賞優秀賞
  • 2005年 日本建築家協会優秀建築選入選
  • 2008年 グッドデザイン賞 公共施設・建築
共同設計
播設計室

この記事に使用されているタグ

PAGE TOP