ニュース | 2021.12.13

開成町が令和3年度 気候変動アクション環境大臣表彰を受けました。

新庁舎整備を核とした環境への取り組みで
令和3年度 気候変動アクション環境大臣表彰 先進導入・積極実践部門の大賞を受賞されました。






「気候変動アクション環境大臣表彰」受賞の概要は以下の通りです。

「日本初のZEB認証庁舎」
取組の概要
パッシブ技術とアクティブ技術を組み合わせて用いることで、特殊な技術を使わずに従来からある技術によって全国に先駆けて役場庁舎のZEB認証を取得。
水に恵まれた特徴を活かした空調システム、太陽光発電システム、構造を工夫した建設により、令和2年度の一次エネルギー消費は85.5%削減。
CO2みなし削減量は228.06トンにものぼり、町の面積の約1/25相当のスギ人工林が吸収するCO2量に匹敵。

本庁舎整備により期待される波及効果
従来からある技術を組み合わせてZEBを実現したことで、ZEBやZEHの導入が何ら特別なものではなく、これからの時代に必要不可欠なものであると広く発信できたこと。
庁舎整備を受けて脱炭素化の機運を更に高め住宅だけでなく再生エネルギー100%導入、電気自動車普及など町を含む住民の行動変容に波及効果が期待できること。

以上、表彰にあたっての開成町のコメントより。






受賞の概要をご覧いただけます(外部リンク)
環境省HP「気候変動アクション環境大臣表彰 令和3年度受賞者紹介」へのリンク

施設の概要をご覧いただけます
開成町新庁舎の詳細

PAGE TOP