ニュース | 2019.12.9

和光市立下新倉小学校が、JIA環境建築賞 優秀賞を受賞しました。

日本建築家協会(JIA)が「長寿命、自然共生、省エネルギー、省資源・循環、継承性などのテーマを通じて、社会資本としての建築を創造することができたか」を評価するJIA環境建築賞において2019年度の優秀賞に選ばれました。

街の発展に伴い開発されているエリアに計画された和光市立下新倉小学校では、近隣の施設からの音や大型車両から児童を守る計画としています。

地域とともに成長する「森の学び舎」となるように、学校中央には埼玉県産材を用いたシンボル空間「森のホール」を配した計画としています。
木漏れ日のような自然光にあふれ、周囲の影響を受けにくい面からの通風を可能とした「森のホール」は、子供たちが安全に駆け上がることができる「ゆるやかなだんだん広場」としました。学校の皆様の御ご努力により我々の想像を超えた使い方をしていいただき、単なる移動空間ではなく、時にコンサート等も開催される多用途で生き生きとした空間となりました。

児童や施設を利用する人を安全に受け入れるために敷地内に設けた通路は、誰もが自由に散策できる〈パークアベニュー〉とし、植栽や運動器具も備えた市民のための街路空間となっています。

建築の内部環境だけでなく地域の環境も向上させる社会資本として評価され、優秀賞を受賞いたしました。

和光市立下新倉小学校の詳細(内部リンク)

和光市下新倉小学校のホームページ(外部リンク)

PAGE TOP