横浜市保土ヶ谷区総合庁舎

The Reinforced BuildingHead office Hodogaya-ku,Yokohama-shi
神奈川県横浜市

強くなる建築〜特徴を生かした耐震補強

1969年に当社で設計した区庁舎に耐震補強が必要となったため、建物の特徴を生かした、外フレーム内に鉄骨ブレースを設置する方法を採用。この方法には、内部の執務空間に影響を与えず施工できる利点がある。ブレース設計に際しては、構造的な検討だけではなく、ブレース自体のデザインについても配慮。外装仕上げも一新し、古くなった諸設備も更新することで全体的に均整のとれた庁舎に生まれ変わった。

構造/規模
SRC造、RC造 / 地下1階、地上7階
延床面積
12,350㎡
竣工年月
2000年3月[初竣工1969年10月]
PAGE TOP