福島競馬場スタンド

JRA Fukushima Racecourse Stands
福島県福島市

風土に呼応する屋内型パドックを持つ観覧施設

中山、阪神に続いて改築された競馬場スタンド。「夏は蒸し暑く、冬は寒い」という福島の地域性と気候風土を踏まえ、快適な居住空間を創りあげることに主眼を置いた。そのため、パドックをスタンド空間内に取り込み、ガーデンテラスによる2階から5階までの多層吹き抜けアトリウム空間を創出。空間的にも動線的にも屋外パドックとの一体化をはかり、年間を通じて快適な環境を提供している。

構造/規模
SRC造、S造 / 地下1階、地上6階
延床面積
84,847㎡
竣工年月
1995年7月(増築工事)1997年5月(改築工事)

この記事に使用されているタグ

PAGE TOP