小瀬スポーツ公園スケート競技場

Yamanashi Kose Sports Park Ice Arena
山梨県甲府市

木とスチールを用いた次世代のハイブリッドアリーナ

周辺環境をできるだけ保存し、コンパクトかつ機能的にまとめたスケート競技場。アプロ−チとしての南側立面と、公園からの来訪者に対する開かれたスケート場としての北側立面のふたつの顔を持つ。ハイブリッド屋根構造を採用し、経済性(鉄骨量の軽減)と省エネ性(気積の低減)を実現。最適なコンディションを確保するための製氷システムを採用している。リンク下に埋設したクールチューブによって、従来型のアリーナに比べて約30%省エネを実現した。

【IOC/IAKS AWARD】とは、国際オリンピック委員会(IOC)がスポンサーとなり過去5年間に竣工し、働期間2年以上のスポーツ・レジャー施設(新築および既存施設の拡張・リノベーション)のなかから、スポーツの実践に欠かせない質の高いスポーツ・レジャー施設に贈られる国際賞です。

構造/規模
RC造、S造 / 地上2階
延床面積
5,071㎡
竣工年月
2000年7月
受賞歴
  • 2002年 日本建築学会作品選奨選定
  • 2003年 BCS賞
  • 2003年 東京建築賞 奨励賞
  • 2003年 IOC/IAKS AWARD 2003 SILVER AWARD
共同設計
平剛風アトリエ

この記事に使用されているタグ

PAGE TOP