東京理科大学野田キャンパス薬学部校舎

Pharmacevtical Department, Tokyo University of Science
千葉県野田市

豊かな自然環境と融合するキャンパス

グランドとして使われてきた計画地は水と緑に囲まれ、セミナーハウス・生命科学研究所等に隣接する。この既存の自然環境を、新キャンパスに取り込み、さらに育んでいける豊かな研究・学習環境の構築を図った。既存の研究施設と新キャンパス、そして将来計画の機能的連携を重視した結果、直線的なネットワークを、サイトプランとエレベーションに展開している。

[ 体育館]
構造/規模
S造、RC造 / 地上2階
竣工年月
2002年3月
[ 薬学部]
構造/規模
S造、SRC造、RC造 / 地上5階
竣工年月
2003年3月
受賞歴
  • 2005年 日本建築家協会優秀建築200選
  • 2006年 日本建築学会作品選集選定
  • 2006年 千葉県建築文化賞
PAGE TOP